カードローンの審査をするうえで重要になってくるのが勤続年数です。勤続年数とはどのようなもので、審査をするうえでどれだけ重要なのでしょうか。

カードローン審査の勤続年数とは

勤続年数とはその名のとおり、どれだけの期間勤続しているかどうかの年数です。カードローンの審査をするときには必ずといっていいほど、どれだけ記載した仕事に勤めているかの年数を記入する必要があります。

実は勤続年数は結構大切なもので、長ければ長いほどしっかりと働く人だという印象になり、審査も受かりやすくなります。

カードローンの審査で重要なのは、継続した収入があること、そしてしっかりと返済できる能力を持った人ということです。いくら年収が高くても、仕事についたばかりの人であればきちんと返済をしてくれるかどうか不安になってしまいます。

逆に長年同じ企業に勤めて一定の収入があるという人なら、返済もしっかりとしてくれるだろうという安心感が生まれて、審査も受かりやすくなるのです。

勤続年数はどのくらいあれば審査に通る?

勤続年数は、長ければ長いほどいいです。

しかし短いからといって必ずしも審査で落とされてしまうという訳ではありません。基本的に、勤続年数は半年以上あれば問題ないといわれています。そのため半年以上、出来れば一年つとめていれば、審査としても問題はありません。

逆に働き始めて数ヶ月程度の人であれば、勤続年数が問題で審査に落とされてしまう可能性があるので注意をしてください。

カードローン審査時に勤続年数は嘘をつくとばれるのか

勤続年数は長いほうが審査に受かりやすくなります。そのためクレジットカードの審査をするときに少し長めの年月の勤続年数を記載する人もいるかもしれません。しかし実は、勤続年数は嘘をつくとばれてしまいやすい項目なのです。

クレジットカード、カードローン、消費者金融などの審査で利用されているのが信用情報機関です。こちらには過去のクレジットカードやカードローンの履歴などが全て記載されていて、勤務先名、勤務先電話番号などまでしっかりと記載されています。信用情報機関の記録を見ると、いつからいつまでどこの企業に所属をしていたのかが簡単にわかってしまうのです。

そのため、嘘をついても審査の段階ですぐにばれてしまうでしょう。数ヶ月程度であれば問題はないかもしれませんが、年単位で勤続年数を偽ると嘘をつく人だという印象がついてしまい、審査で落とされてしまう可能性があるので、勤続年数は正直に書いてください。

このページの先頭へ