総量規制とは

総量規制というのは貸金業法によって定められているルールで、消費者を守るために設定されている法律です。お金を借りる際には収入の3分の1までしか借りることができないというのが総量規制による制限で、収入の3分の1というのは一つの金融機関から借りられる金額ではなくて、他の消費者金融からの借入などもすべて合計した金額となります。

そのため、カードローンの申し込みをして審査を受けた時に、既にほかの消費者機関からも借入をしている人だと、総量規制に引っかかって審査落ちする可能性があります。

総量規制は銀行には適用されない

カードローンは、銀行や消費者金融など多種多様な金融機関からラインナップされています。このうち、総量規制の対象になるのは貸金業法が適用される消費者金融や信販系企業のみで、銀行法が適用となる銀行からの借入には、総量規制は適用外となります。

つまり、すでに消費者金融から総量規制マックスの借入があっても、銀行のカードローンに申し込んだ場合には、銀行からの借入は総量規制の対象外となるため、銀行の裁量で審査に通る可能性はありますね。

ただし、銀行は消費者金融よりも審査基準が厳しいため、総量規制の対象外だからと見くびってはいけません。消費者金融の審査に問題なく通る人でも、銀行の審査を受けたら通らなかったということは決して珍しくないのです。

そのため、借りる側としては総量規制がどの金融機関に適用されるかどうかということに集中するのではなく、できるだけ計画的に借りて返済することを念頭に置いたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ