在籍確認は働いているかを確認する作業

カードローンに申し込みをすると、最初に審査が行われます。その審査の中では、在籍確認という作業があることはご存知ですか?申込書には、利用者の勤務先の住所や電話番号を記入するわけですが、金融会社は実際にその職場に電話をかけて、その人が本当にそこで働いているかどうかを確認するわけです。虚偽の申告をすれば、その時点でバレてしまうので注意してくださいね。

在籍確認は、本人が電話口に出る必要はありませんし、もちろん本人が出ても構いません。もしも本人が電話口に出なくても、金融機関は企業名を名乗ることはなく、個人として「田中花子さんはいらっしゃいますか?」などと聞いてきます。

もしもそうした人材が職場にいなければ、職場の人は「そのようなものはおりません」と答えるでしょうし、働いているけれどその場にいなければ「席を外しております」とか「お休みをいただいております」と答えるでしょう。在籍確認では、その人がその職場に在籍しているかどうかを確認することが目的なので、本人が電話に出ることは重要ではないのです。

在籍確認ができないと審査はストップ

在籍確認の作業は審査の一環なので、在籍確認が出来なければ審査のプロセスはそこでストップしてしまいます。即日融資OKのカードローンでも、審査が進まなければ即日融資はできませんし、在籍確認が取れるまで何日でも審査は中断することになります。その点は理解しておきましょう。

このページの先頭へ